パソパソちょい速!

メインPC、そろそろヤバいかも。

2010年12月購入から6年4ヶ月でSSDの使用時間がついに37,000時間を突破、実働丸々4年を超えても未だに現役バリバリ。丁度、SSDが出まわり始めた頃で、62GBと容量少な目でもお値段は超びっくり。巷では耐久性に乏しいなどと言われておりますが、一体何処まで耐えうるのかちょっと楽しみだったり。特に前兆のようなものはないけど突然死は怖い、これからはサブ機としてこき使ってやりましょう。

何のことはないHDDの方が30,000時間でSSDよりも先に逝っちゃってます。2台目がもうすぐ7,000時間といったところ。際どい時期の非AFT(アドバンスド・フォーマット・テクノロジー)だったので、やむなく1台目と同じSeagate製のBarracuda STX-720012(B) 1TB。

一応、比較のためにベンチマーク。先日、グラフィックボードが壊れて買い替えたばかりで、これでも良くなったほう。まあ、これでゲームをする訳でもないし、動画の編集もできなくはない。

本当は、年末に買い替える予定だったのを四半期先延ばし。理由はCPU、RYZENと迷った挙句にシングルコアの性能でi7に決定。PCのメイン用途が2D-CADなので、CPUパワーで目一杯引っ張ってみよう大作戦。OC(オーバークロック)はするつもりない(たぶんマザボも対応してない)けど、思い切ってKの文字を付けたった。一文字追加5k円。建築CAD向けにQuadro仕様ってのもあったんだけど、Direct2Dには安っすいGeFoeceで必要十分。その分、CPUに予算をかける方が、描画スピードやマウスクリックの反応が良くなって効率的。この辺りはWindows7以降、OSの仕様変更でXPよりも悪化してストレスを感じていた部分、何よりサクサクは気分いい。

ベンチ、ちょい速~なった。

今回は、OPでマルチメディアカードリーダー付けたらスリム型では収まり切らず、拡張する気もないのにとうとうミニタワーになってしまった。それに、使い続けてきたOffice2007がサポート終了間近ということで久しぶりにフリーじゃないソフトを買ったり、勢いでモニターまで買ってしまったのは痛い。でも、起動がめちゃくちゃ速~い。5秒…。5秒短くなったんじゃなくて5秒で起動、うかうかしてたらBIOS画面に入れない…。

要らないアプリは根こそぎ削除してフリーソフト投入、愛用していた「ムービーメーカー」はいつの間にかサポート切れてるし。元々サブで使っていたローカルのCore2Duoは、XPやめてLinuxにしちゃお。P3とP4は、流石に駄目でしょねえ。


メモメモ

起動させるとテンキーの「Num Lock」が常にオフ、恐る恐るレジストリを弄ってみた。
「HKEY_USERS \ .DEFAULT \ Control Panel \ Keyboard」の名前「InitialKeyboradIndicators」の値「2147483648」を「2147483650」に変更。
これでログインに失敗しなくなったよ。

パソコン(熱)暴走中

ハードディスク、メディアディスクと次々に円盤物が壊れていく6年物のPC、今度はグラフィックカードが昇天寸前。あんまり五月蝿いのでファンの配線コードを引っこ抜いたら1分でディスプレイの電源落ちた。一時は丸っと買い替えも考えたものの、取り敢えずは延命措置をとってみます。選択の条件は、

・PCI Express2.0×16(×8)
・HDMI出力端子
・ロープロファイル対応
・ファンレス

新旧対決、NVIDIA GeForce GT710 と GT330

当然っちゃ当然ですが、め~っちゃ静か!残すところ回転物はCPUクーラーだけ、こいつはまだ元気そう。SSDか電源系統かヤバくなるまでは、今しばらく頑張ってもらいましょう。何てったってゴーグルやカメラなど揃えなくちゃならないFPV関連機材がまだまだ沢山ありますから。

ボロボロだけど、無線従事者免許証ありました。何せ電話級(4級)アマ無線の資格を取った昭和55年から電話の代わりに数年程度、また使うことになるとは思ってもなかったし。開局の準備も着々と進行中で、総務省電波利用電子申請・届出システムLiteの事前チェックまで完了。ぼちぼちとTSSに保証願書を出す準備に取り掛かります。

DIPスイッチでFR4(F)ch4、周波数(CH44)5800MHzを選択、メンバーと周波数が被ってなけりゃいいけど。TS5823 32CH 200MW の改造写真てこんな感じでいいんでしょうかね。

iPhoneからiPadに電話かけてみた

データ通信専用の番号にかけると当然「おかけになった電話は、~うんぬん。」てな風に、冷たくあしらわれちまった。ところが、iPhoneとiPadを同じApple IDでFace Timeにサインイン、同じWi-Fiに接続しているとiPhoneを経由してiPadで、

通話できるんですよね。

ただ、iPhoneに電話がかかってくるとiPadの着信音と合唱し出して、そんなこととはつゆ知らず使い始めた頃は超びっくり。携帯の解約と引き換えにスマホの文字が見辛くなって衝動買いしたiPad Air 2は、なんと9.7インチRetina Displayの解像度が2,048×1,536と知ってまたまたびっくり!そりゃあ見易い筈です。そんなこんなで動画ばんばん撮り溜めてたら、ストレージ容量も一気にパンパン。

スマホもタブレットも新規契約時【実質無料】の謳い文句に釣られて、本体のストレージ容量は16GBの一番小さいやつ。でも、それよりも問題なのは無料で利用できるiCloudの全ストレージ容量が5GBしかないこと。取り敢えずケチって倹約家な私は50GBで月額130円とか有料アプリなんかは後回し、それぞれ別のIDにして2台で10GBを確保。でもそうすると、

通話できなくなった~。

結構便利だったし、相互通話できるようにしておきたいと思うのが浮世の常。Apple通しだったら手っ取り早くFace Timeビデオ/オーディオでおK。もう少しだけ発展させてLINEの無料電話も使えるようにしてみた。まだ一般回線とタブレットは繋がらないけど、そのためのスマホな訳で。スマホがだんだんガラケー化してるのは気になる昨今、まあいいや。

img_2172

そもそもiCloudて何?

何処か知らない遠い所、もしかしたら海の向こう?でバックアップ取ってくれてるらしい。が、写真や大事なデータはPCで管理してあるってことでiCloudは即刻クビにしてやったぜえ。

で、何したいの?

かというと、アクションカメラで撮影した動画を現場で再生したいんです。そのための容量を確保、7分で1GB超えのバカデカいファイルをどう扱おうか。多分、カードリーダーの性能に依るんでしょうが、今後の検討課題です。あと、FPVにもと思ったんですが、こっちは専用モニター買う方が安上がりみたい。

やっ~と一段落、空き時間はイメトレに励みます!